查看完整版本 : 【米大統領、武漢研究所起源に自信対中関稅で報復示唆】

日本映畫 2020-5-2 07:53 PM

【米大統領、武漢研究所起源に自信対中関税で報復示唆】

【ワシントン共同】[b][color=Purple]トランプ米大統領は4月30日の記者會見で、新型コロナウイルスが中國湖北省武漢市の研究所から流出したとの起源説に「自信」を示した。科學者や情報機関が調べており、近く結論が出ると説明。[/color][/b]中國が初期対応を誤ったことが世界的大流行につながったと非難し、対中関稅が報復措置になり得るとの見方を示した。

新型コロナを巡る米中対立は激化しており、米國が責任を追及すれば中國が反発し、対抗措置を講じる恐れもある。

トランプ氏は會見で、研究所起源説に自信を持てる証拠を見たのかと問われて「見た」と答えたが、具體的な説明は避けた。

日本映畫 2020-5-2 07:58 PM

トランプ「新型コロナウイルス、武漢の研究所が発生源の可能性を確信」
2020年5月1日(金)13時00分

トランプ米大統領は30日、中國武漢の研究所が新型コロナウイルスの発生源となった可能性を確信していると述べた。ただ、証拠については言及を避けた。

トランプ氏はホワイトハウスのイベントで、新型コロナが武漢のウイルス研究所から発生したかとの質問に対して、そうであるとかなり確信していると述べた。

証拠を見たのかとの質問には「見た」と答えたものの、具體的には言及せず、「話すことはできないし、許されない」と語った。

中國政府系研究所「武漢ウイルス研究所(WIV)」は、同研究所が新型コロナウイルスを製造し漏洩させたとする説を事実無根として否定している。

トランプ氏はこれまで、新型コロナが武漢ウイルス研究所から流出したかどうかを米政府が調査中だと明らかにしている。

ポンペオ米國務長官は30日のラジオ局とのインタビューで、新型コロナウイルスが同研究所から発生したかどうかは「分からない」と述べた。「生鮮市場あるいは他の場所から発生したかどうかはわれわれには分からない。答えを知らない」と述べた。

トランプ氏は、中國が新型コロナのリスクについて迅速かつ透明性のある情報開示を怠ったと主張している。同日のイベントでは、中國が新型コロナの感染拡大を止められなかったか、もしくは拡大させた可能性もあるとの見方を示した。しかし、習近平國家主席に責任があるかどうかについては言及を避けた。

トランプ氏は、新型コロナがどのように発生したのか突き止める中國の取り組みについて、「少なくともわれわれに対し幾分透明性のある対応をしようとしているようだ」と述べた。

その上で「しかし、それはこれから分かることだ。そう遠くないうちに分かるだろう。こうした狀況が起きたのは悲慘だ。中國がミスをしたのか、もしくはミスで始まったことにさらに誤った対応をしたのか。それとも誰かが意図的に何かしたのだろうか」と語った。
[ワシントン ロイター]

日本映畫 2020-5-2 08:53 PM

「新型コロナは武漢研究所から」中國追及を強める米、賠償請求や報復関稅も検討か
2020/05/02 10:00

【ワシントン=蒔田一彥、パリ=山田真也】トランプ米大統領は4月30日、新型コロナウイルスの発生源を中國武漢市のウイルス研究所だとする説について、信頼度の高い情報を見たことが「ある」と主張した。中國側は一貫してこの説を否定しているが、トランプ政権は改めて研究所に関する情報開示に焦點を當て、感染拡大の責任を巡る中國への追及を強める構えだ。

トランプ氏は、研究所が発生源とする説に「高い信頼度を與える何かを見たことがあるのか」との記者からの質問に答えた。詳細については言及を避けたが、中國に対する報復措置として、関稅引き上げの可能性も示唆した。

米國內では中國の責任を問う聲が高まっている。米紙ワシントン・ポストによると、政権內では経済制裁や訴訟による賠償請求も検討されているという。

武漢ウイルス研究所は、中國政府系研究機関の中國科學院に所屬する。2017年には、フランスのパスツール研究所などの支援を受け、安全性が最高レベルの環境下で研究を行うP4実験室を完成させた。しかし、ワシントン・ポストは4月、研究所を18年に訪問した米外交官が、施設の安全面の脆弱ぜいじゃく性を公電で指摘したと伝えた。

[b][color=Purple]4月25日の仏紙ル・モンドも、コロナウイルスの宿主となることが多いコウモリの研究で知られる女性研究員が、新型コロナウイルスが流出した可能性を危懼していたと報じた。[/color][/b]
ポンペオ米國務長官は、発生源について米メディアに「我々は答えを持っていない」と述べており、米政府も発生源の特定には至っていない模様だ。

米國の情報機関を統括する國家情報長官室は「ウイルスは人工的なものでも、遺伝子改変されたものでもない」とし、「(感染が)動物との接觸で始まったのか、武漢の研究所における事故の結果なのかを判斷するため、厳密な調査を続ける」との聲明を出した。

[url=https://www.yomiuri.co.jp/world/20200502-OYT1T50046/]https://www.yomiuri.co.jp/world/20200502-OYT1T50046/[/url]

千年間に、支那國民の皆様は[b][color=Purple]蛇と蝙蝠と百足と麝香貓とせんざんこう.穿山甲[/color][/b]を食べた歴史がありました。
なぜ2019年の年末だけに、武漢における華南海鮮市場の客様は野生蝙蝠からの肺炎病毒を感染したのか???
今まで、支那共産黨の指導者はまだWHO.世界衛生機関の調査員が肺炎病毒の起源を支那武漢の現場で調べることを禁止しています。
支那共産黨の指導者と地方官僚らは詳しい肺炎病毒起源の情報を隠蔽し続けて、世界へ肺炎疫病の徑路を拡げる責任に逃避するなら
誰でも武漢病毒研究所からの肺炎病毒を漏洩した不審點に質問することが出來ます。

[[i] 本帖最後由 日本映畫 於 2020-5-2 09:56 PM 編輯 [/i]]
頁: [1]
查看完整版本: 【米大統領、武漢研究所起源に自信対中関稅で報復示唆】