• 瀏覽: 809
  • 回覆: 1
+2
https://www.afpbb.com/articles/-/3223441



【5月7日 Xinhua News】2018年中國考古學十大発見の一つ、重慶市(Chongqing)合川區(Hechuan)の釣魚城范家堰南宋衙署遺跡から出土した約700年前の「鉄火雷(鉄火砲)」の一部について、専門家は考古學界の研究を通じて、中國や世界でこれまで見つかった中で最古の爆弾の遺物だと推定した。
釣魚城は重慶市合川區東城半島の釣魚山上に築かれ、13世紀の南宋・モンゴル戦爭では、南宋の四川や重慶地域における山城防禦體系の重要な一部となった。
長年、同遺跡で考古學研究を続けている重慶市文化遺産研究院の袁東山(Yuan Dongshan)副院長は、衙署(役所)遺跡から出土した13世紀後期の宋代鉄火雷の一部について、「中國や世界の火器史上、最も古い種類の爆弾と言える」と紹介。釣魚城遺跡で最も重要な発見の一つだと指摘した。
袁氏は、鉄火雷には起爆のための導火線が仕込まれており、相當な威力を備えていると説明。700年前は火器がそれまでの武器に取って代わった時代であり、當時の科學進歩の最先端を體現する兵器だった可能性があると述べた。
中國人民解放軍軍事科學院の鍾少異(Zhong Shaoyi)研究員は、重慶で出土した南宋の鉄火砲は信頼性が高く、火薬火器の発明史研究で長年欠落していた実物資料を提供しただけでなく、13世紀の戦爭史や軍事史を詳細に研究する上でも、新たな物証資料を提供しており、重要な學術的意義を持つと評価した。

中國出土最早的炮彈。



宋朝有火雷, 但金國也有, 蒙古也應學了金國的科技


[按此隱藏 Google 建議的相符內容]