• 瀏覽: 1,444
  • 回覆: 6
  • 追帖: 1
[隱藏]
日本の新幹線輸出唯一の成功例、台灣高速鉄路(高鉄)が1月20日、日本企業連合の新規車両購入に関する交渉を打ち切り、第三國からの購入も含めて新たな調達を模索することとなった。高鉄の今回の決定は第2次安倍政権以降、國策として推進してきたインフラ輸出にも今後大きな影を投げ落とすこととなろう。

高鉄はこの日、役員會を招集。日立製作所・東芝を中心とする日本企業連合の新規車両購入に関する対応を緊急討議した。高鉄は2019年2月、旅客需要の伸びから新規車両購入を決定、世界の車両メーカーに入札を呼びかけたが応じたのは日立・東芝を中心とした日本企業連合だけ。この時、入札価格と高鉄側希望価格の間に大きな隔たりがあったため、昨年8月に再度入札を行ったが、価格差は埋まらずこの決定に至った。…

日本の新幹線輸出唯一の成功例、台灣高速鉄路(高鉄)が1月20日、日本企業連合の新規車両購入に関する交渉を打ち切り、第三國からの購入も含めて新たな調達を模索することとなった。高鉄の今回の決定は第2次安倍政権以降、國策として推進してきたインフラ輸出にも今後大きな影を投げ落とすこととなろう。

高鉄はこの日、役員會を招集。日立製作所・東芝を中心とする日本企業連合の新規車両購入に関する対応を緊急討議した。高鉄は2019年2月、旅客需要の伸びから新規車両購入を決定、世界の車両メーカーに入札を呼びかけたが応じたのは日立・東芝を中心とした日本企業連合だけ。この時、入札価格と高鉄側希望価格の間に大きな隔たりがあったため、昨年8月に再度入札を行ったが、価格差は埋まらずこの決定に至った。

台灣高鉄は獨シーメンス、仏アルストムのヨーロッパ方式、中華高鉄は日本の新幹線方式導入を目指し、日歐の代理戦爭となった。當初、日本語を流暢に操る李登輝の金庫番、劉泰英が率いる中華高鉄有利とみられていたが、ふたを開けてみれば台灣高鉄歐州方式が受注した。當時、日歐代理戦爭を取材したベテラン記者は振り返る。

「最も力があった時の李登輝ですら、その決定には口をはさむことはできませんでした。まず劉泰英自身が政府の中で疎まれていたこと。金庫番というのは國民黨の黨有資産を投資、管理する中華開発の責任者だったということですが、黒い金を李登輝のために集めていた。それで行政院長(首相)、交通部長(國土交通相)が支持しなかった。価格面では台灣高鉄が中華高鉄よりも圧倒的に安価ではあったが、安全保障の要因がさらに大きかった」

アメリカはクリントン政権時代、対中関係を重視して台灣のF16売卻を拒否。台灣は仏獨に代替武器を求めるほかなかった。フランスはミラージュ200-5を60機台灣に売卻した。それとバーターで高鉄が日歐代理戦爭に勝利することとなったというのだ。

日本企業連合は當時の東海道新幹線の主力だった700系を台灣向け仕様の700Tとして、川崎重工業が19編成、日本車両製造が8編成、そして日立が7編成の計34編成を高鉄に納入。運行システムに関してはJR東海が技術協力をするという陣立てである。この陣立てを日本式と歐州式の“上下分離”が直撃する。上下の下に當たるプラットフォームの長さから700Tには、700系の全編成に整備されている乗務員乗降用扉が設けられず、JR東海がこれでは日本が誇る安全運行の保証はできないとクレーム。また、高鉄がフランスから乗務員を招聘するとJR東海は日本での台灣乗務員研修にノーを出す。

「葛西さんは何様のつもりか知らないけれど、高鉄でフランスから乗務員を招聘するなど主要業務の中心的人物だった米系中國人の解僱を要求しましたよ。殷琪らが日本に視察に行った際には極めて冷淡な対応で、帰台後には台灣人は今でも植民地統治時代の2等國民なのか、どっちが客だったのか分からない、と立腹していました」(同)

「葛西さん」とはJR東海の名譽會長、葛西敬之氏であることは言うまでもない。高鉄にとっては納入業者でもなく、運行システムの協力者に過ぎない葛西氏がなぜそれほど居丈高に台灣に臨めたのか、理解の範疇を越えていたのだろう。

最大の納入業者だった川重は高鉄への納入後、台灣海峽の向こう側で高速鉄道を模索していた中國と車両、技術提供の契約を結ぶ。これに葛西氏は世界一安全な日本の新幹線とその運行システムが中國に盜まれると強硬に反対。JR東海自體が中國との関係を結ばなかったばかりか、川重をN700Sの開発から外してしまう。

川重は中國に対し、単獨でJR東日本のE2系をベースに3編成を完成品として納入。ライセンス契約も取得した中國は6編成分を部品として輸入した後、ノックダウンで完成させ、中國國內で51編成を製造。2005年から2015年までの間に60編成を中國にもたらした。葛西氏の懸念するように中國と川重は運行速度などでもめごとはあったものの、同時に中國はシーメンス、ボンバルディアなど世界的な車両メーカーからも車両と技術を導入。中國は日歐から導入した車両、技術を種子として獨自に開発を進め、浙江省温州で重大事故はあったものの今では営業距離で3萬kmを超える高速鉄道網を築き上げてしまった。

高鉄は1月20日の役員會で今後は新たな車両調達先に第三國を挙げたが、歐州連合を念頭に置いてのことであることは間違いない。上下分離が解消されれば日本式の新幹線よりもぴったりと身の丈に合ったトンネルや橋梁などを歐州規格の車両が走り抜けていくかもしれないし、日歐からの種子をもとに獨自に発展を遂げた中國製車両が海峽を越えてやってくる可能性も完全に排除することはできない。

「ご指摘の案件は民間企業ベースの問題ではありますが、日台の企業間に置いて適切に交渉が進んでいくことを期待しております。(中略)今後も台灣高速鉄道が台灣の経済、社會および日台関係、その更なる発展に引き続き寄與することができるように期待してまいりたいと、こういうふうに思います」

昨年8月5日、當時官房長官だった菅義偉首相は會見で高鉄入札不調の情報を入手した記者の質問にこう答えた。そのときには宰相の座を虎視眈々と狙っていたのだろう。施政方針演説で言及した政治の師匠、梶山靜六が上部逆転受注のためにどれだけの汗をかいたのか、その記憶は頭の中には皆無だろう。




日本高價出售高鐵列車,會否迫使台灣改用國際標購買中國製列車?
歡迎討論


新聞來源連結:
https://toyokeizai.net/articles/amp/406785



台灣高鐵只能選擇買同唔買日本車。


其他廠商無乜可能做佢地生意。



回覆 引用 TOP

政治上係冇可能


回覆 引用 TOP

最初用邊個國家嘅信號系統,就註定以後只可用嗰個國家嘅車
呢個係永恆嘅道理



灣岸/頭D
名稱:MRKHC(統一)
擁有車種
灣岸3:R32,R34,Z33,CT9A,UCF10,GDB,的士

回覆 引用 TOP

[隱藏]
引用:
原帖由 victorwong888 於 2021-1-24 04:12 PM 發表

日本の新幹線輸出唯一の成功例、台灣高速鉄路(高鉄)が1月20日、日本企業連合の新規車両購入に関する交渉を打ち切り、第三國からの購入も含めて新たな調達を模索することとなった。高鉄の今回の決定は第2次安倍政権以降、國策として推進してきたインフラ輸出にも今後大きな影を投げ落とすこととなろう。

高鉄はこの日、役員會を招集。日立製作所・東芝を中心とする日本企業連合の新規車両購入に関する対応を緊急討議した。 ...
歐美有反壟斷,通常制式有兼容性可用不同廠商的配件

只能說台灣比人搵左笨



點擊數事關廣告收入,千其咪入毒果link

香港郊外大量荒廢農田,街市有大量空鋪。
把差的變得更壞, 損人不利己
激進派只會講大話 !

回覆 引用 TOP

一開始就應該傾好加購協議.


唔傾, 比人劏, 當交學費law.



回覆 引用 TOP

舊時個樂安排海水化淡
又係連一粒螺絲都要靠日本
結果成大白象



回覆 引用 TOP

[按此隱藏 Google 建議的相符內容]