• 瀏覽: 72
+8
AKB48岡田奈々(25)が23日、ツイッターを更新し、交際報道について謝罪した上で、グループを卒業することを発表した。

AKB48成員岡田奈奈(25歲)23日更新了推特,對戀愛交往新聞進行了謝罪道歉,並宣佈從組合中畢業。


今月19日に、舞臺で共演した俳優豬野広樹(30)との交際を「文春オンライン」に報じられていた。岡田は「週刊誌の件でお騒がせしてしまい、多大なるご迷惑をおかけしたこと本當に申し訳ありませんでした。謝罪のコメントを出すのが遅くなってしまったこともごめんなさい。今まで応援してくださったファンの皆様を裡切るような行動をとってしまい、傷つけてしまい、本當にごめんなさい。幻滅させてしまいごめんなさい」と謝罪した。

本月19日,“文春online”報道了她與在舞臺劇中合作的演員豬野廣樹(30歲)交往的新聞。對此岡田謝罪稱:“很抱歉週刊雜誌的報道給大家帶來很大的不便和麻煩。也很抱歉我的致歉信出的這麼晚。我的行為背叛了一直支持著我的粉絲們,給他們帶來了傷害,真的對不起。讓你們幻滅了真的對不起。”

過去に選抜総選挙で別のメンバーがスキャンダルについてスピーチしたことを受けて、岡田が“批判”したこともあった。「風紀委員を名乗り出たのにもかかわらず、こうして噓をつくような形になってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、當時の自分の言葉に噓は1つもありません」とした。

在過去的總選舉中,有其他成員曾就醜聞發表了自己的看法,岡田也曾對此進行過“批判”。對此她說:“我自稱是紀律委員,卻對大家說了謊,現在真的感到非常抱歉。但是,當是我說的還真的沒有一句是假的”。

岡田は「説得力がないと思われても仕方がないのですが、この10年間アイドル活動を全力で取り組んできたことは本當です。AKB48グループを、スタッフさんたちを、メンバーのみんなを、ファンの皆様を愛している気持ちは本物です」としつつ「自分なりによく考え、しっかりとけじめをつけることに決めました。AKB48を卒業します」と発表。「スタッフさんからは卒業の必要はないと言われましたが、何度も話し合い、自分で決斷しました」と説明した。卒業時期は未定。最後に「ファンの皆様、メンバーのみんな、こんな人間でごめんなさい」とつづった。

岡田還說:“或許有人會覺得我說的話沒有說服力,但這十年的偶像生涯,我真的是拼盡全力在做的。我對AKB48這個組合的愛,對所有工作人員的愛,對所有成員們的愛,以及對所有粉絲們的愛是真的”,並宣佈“我決定用我的方式思考並作出決斷。所以我決定從AKB48畢業”。對此她解釋:“雖然工作人員說沒有必要因為這件事選擇畢業,但我們在多次商討之後最後做出了決定”。目前岡田的畢業時間未定,最後她說:“各位粉絲,各位成員夥伴們,真抱歉我是這樣的人”。


岡田は12年にAKB48の14期生として加入し、中心メンバーとして活躍。18年に「ジャーバージャ」、昨年に「根も葉もRumor」でセンターも務めた。

岡田於2021年作為AKB48的14期生加入,作為中心成員十分活躍。2018年擔任單曲《ジャーバージャ》C位,去年擔任了單曲《根も葉もRumor》的C位。

テレビ東京系で23日に4時間半にわたって生放送される音楽特番『テレ東音楽祭2022冬~思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発~』にAKB48が出演。卒業を発表した岡田奈々も登場し「久しぶりのリップグロス」を披露した。

23日,AKB48出演了東京電視臺時長四個半小時的《東京電視臺音樂祭2022冬~情不自禁想歌唱!最強熱門歌曲100連發~》直播音樂節目。宣佈畢業的岡田奈奈也登臺演唱了單曲《久しぶりのリップグロス》。

卒業については言及せず、歌唱中には笑顔も見せながらパフォーマンスするも、ネットでは「岡田奈々ちゃん大丈夫?」「表情元気なくて心配」「テレ東音楽祭になぁちゃん見れて良かった」などの聲も寄せられた。

節目中,岡田並未提及畢業一事,演唱過程中的表演也一直面帶笑容,網絡上有很多關心她的人表示“岡田奈奈沒事吧?”“表情看起來很開心反而更擔心她了”“東臺音樂祭能看到なぁちゃん真的太好了”。


実際はペナルティのある「戀愛禁止」

“禁止戀愛”實際附加懲罰

昨日、AKB48のメンバー・岡田奈々がグループからの卒業を発表した。その原因は、先週のいわゆる“熱愛報道”にあると思われる。岡田本人も「幻滅させてしまいごめんなさい」と謝罪した。

昨天,AKB48成員岡田奈奈宣佈從組合畢業。原因是上週爆出的“戀愛新聞”。對此岡田本人也道歉稱:“對不起讓大家幻滅了。”


AKB48には、かねてから「戀愛禁止」のルールがあると見なされていた。この“熱愛報道”直後には、AKB総監督の向井地美音が「戀愛禁止」ルールについて「改めて考え直す時代が來た」と発言して波紋を呼んでいたばかりだった。

AKB48一直以來都有“禁止戀愛”的規定。該“戀愛新聞”曝光後,AKB總監督向井地美音針對“禁止戀愛”這條規則做出的“重新考慮該規則的時代來臨了”的發言引發了巨大爭議。


だがその後、向井地がAKB48を運営するDH社に確認したところ、運営側は「戀愛禁止のルールはない」と表明。そして岡田が卒業を発表した、という経緯だ。

然而在這之後,向井地向AKB48運營公司DH社進行了確認,運營方則表示“我們沒有禁止戀愛的規定”。之後岡田宣佈畢業。

つまり、AKB48に「戀愛禁止」のルールはないが、“熱愛報道”されたメンバーは辭めるという結果となった。狀況的には、タテマエとして「戀愛禁止」ではないが、実際は「戀愛禁止」の掟を破ると立場が厳しくなる、ということになる。

也就是說,雖然AKB48沒有“禁止戀愛”的規定,但只要有“戀愛新聞”,被曝光的成員就必須離開。從這一現實來看,雖然AKB48沒有明面上“禁止戀愛”,但實際上如果你違反了“禁止戀愛”的規定,你的立場就會變得十分嚴峻。

この曖昧な狀況はなにを意味しているのか──。

那麼,這種曖昧不明的狀況究竟有何意義呢?

存在する「戀愛禁止」ルール

真實存在的“禁止戀愛”規定

AKB48に「戀愛禁止」ルールがあると見なされてきたのは、過去に「戀愛禁止條例」という公演(2008~2010年)をおこなったことにも起因するが、なにより“熱愛報道”されたメンバーの多くが不利な立場に置かれたケースが過去にいくつもあったからだ。

AKB48之所以被認為有“禁止戀愛”的規定是在因為之前“戀愛禁止條例”這一公演(2008年~2010年)導致的,但更重要的是,很多被爆“戀愛”的成員最後都處於了輿論不利位置,這的確是一個事實。


たとえば2012年6月、メンバー・Sは過去の戀人との寫真が報道されたことで、秋元康プロデューサーによってHKT48に移籍させられた。九州出身のSはこれをきっかけにむしろブレイクするが、“熱愛報道”によって本人の思惑と異なる活動となったのは間違いない。

比如說2012年6月,成員S被爆出與之前戀人的合照,因此秋元康製作人將其移籍到了HKT48中。九州出身的S雖然以此爆紅,但由於該“戀愛新聞”,的確產生了與她本人想法不同的發展方向。

とくに記憶に殘るのが、2013年1月のメンバー・Mのケースだ。このとき彼女が丸坊主となって謝罪し、國際的にも問題視されたことを覚えているひとも多いだろう。當時の運営會社・AKSは、明確に“熱愛報道”を理由に処分をしている。

而最讓我們印象深刻的就是2013年1月成員M的事情。當時她剃了光頭來謝罪,這一行為在國際上也受到了質疑。當時的運營公司AKS明確解釋了處分理由是“戀愛報道”。

本日発売の週刊誌にて報道されました、Mに関する件について、その処分を以下のように決定致しましたので、ファンの皆さまにご報告させて頂きます。

當天發售的週刊雜誌中報道的M事件中公佈了處分如下,並向粉絲報告:

今回の報道により、ファンの皆さまに多大なるご迷惑をかけたMを、2013年2月1日付でAKB48 研究生に降格処分とする。

本次報道中,M給廣大粉絲造成了巨大傷害,我方決定於2013年2月1日將其降格為AKB48研究生。


これらはともに10年ほど前の出來事ではあるが、AKB48の運営側は明確に「戀愛禁止」の違反にペナルティを課していた。つまり、「戀愛禁止」ルールは存在する。

這些都是十多年前發生的事情,但從中我們可以看出,AKB48運營方對違反“禁止戀愛”規定的成員有著明確的懲罰。也就是說,“禁止戀愛”這條規定是真實存在的。

今回、岡田奈々は運営側からの慰留があったものの、自分で決斷したと述べている。昨年にも、“熱愛報道”のあったメンバーが活動休止を経てグループを卒業したケースがあった。

本次,雖然運營方挽留了岡田奈奈,但她自稱是自己的決定。去年也有成員因“戀愛報道”而暫停活動最終從組合畢業的。

ただ、それらがどこまで“自主的”な判斷かはわからない。たとえば政治の世界では、今月だけで岸田內閣の閣僚3人が“辭任”をした。しかし、それが実質的に更迭であることは周知のとおりだ。

然而,我們無法判斷這些“懲罰行為”有多少是出於“自主”實施的。就好比在政治圈中,光這個月就有三個岸田內閣的閣僚“辭職”。但我們都心知肚明,這就是實質上的人員更替。

また、たとえ本當に本人の判斷だったとしても、その結論にいたった原因は“熱愛報道”だ。つまり、そこで「戀愛禁止」のルールが力學として作動しているのは間違いない。

此外,就算真的是本人的決定,但導致她作出這一決定的原因還是“戀愛報道”。也就是說,“禁止戀愛”這條規定無疑是有一定推動作用的。

「タテマエ」と「暗黙の瞭解」

“公之於眾的規定”與“心照不宣的認可”

今回まず気になるのは運営側・DH社のスタンスだ。「戀愛禁止のルールはない」と向井地を通じて表明しているが、過去のケースや今回の岡田の結論を踏まえれば、それは曖昧なままルールを運用するためのタテマエでしかない。

本次值得關注的是運營公司DH社的立場。雖然該公司通過向井地向大家表明了“公司沒有禁止戀愛的規定”,但從過去的事情到本次岡田的結局來看,這只不過是讓公司能夠繼續沿用這條曖昧規定的場面話罷了。

現狀を言い換えれば、「明文化されたルールではないが、暗黙の瞭解として違反すればペナルティはある」ということだ。逆に、もしそうでないのであれば、DH社が明確に「戀愛禁止のルールはない」「ペナルティは課さない」と宣言すればいいだけだ。が、それはしない。

換句話說,它的意思就是“雖然這不是明文規定,但卻是大家都默認的規定,只要違反了就會受到懲罰”。相反,若非如此,DH社只要明確表示“沒有禁止戀愛的規定”以及“不會因此受罰”即可。然而,DH社卻沒有這樣表明。

DH社が、こうした曖昧なスタンスを取ることにも理由がある。おそらく契約書に「戀愛禁止」の文言を盛り込めないからだ。それは個人の私生活を縛ることなので、人権問題になりかねない。よって、DH社は決してそれを公言せずに運用する。芸能界のローカルルールが一般的なコンプライアンスと齟齬をきたすとき、この曖昧な姿勢が抜け道なのである。

DH之所以採取如此曖昧的立場是有理由的。恐怕就是因為合同中不能包含“禁止戀愛”的字眼。因為這是限制個人私生活的行為,會涉及到侵害人權的問題。因此,DH社只能在不挑明的基礎上使用這項規定。當娛樂圈的個體規則與普遍規則產生分歧時,這種曖昧不明的態度就是一種解決方式。


また、経営的にもベターなのだろう。

此外,這種方式對經營也有好處。

AKB48ファンのコア層は、疑似戀愛的な要素を軸とする中年男性だ。売上を考えると、DH社はその層を決して手放せない。シングルCD売上はコロナ前と比べて3分の1になったが、それでも40萬枚程度も売れる。ここで「戀愛」を解禁すれば、コア層の中年男性を見放すことになる。それは、経営的にリスキーだ。

AKB48的核心粉絲大多都是以模擬戀愛為主要心態的中年男性。出於銷量的考慮,DH社絕不會放棄這一粉絲層。雖然目前AKB48的單曲銷量僅有新冠疫情前的1/3,但依舊能達到40多萬張。如果此時允許成員“戀愛”,就相當於放棄了核心粉絲當中的中年男性群體。這在經營方面風險是很大的。

よって、表向きには「『戀愛禁止』ルールはない」と言いながらも、実質的に運用することが、DH社にとって最善の策なのだろう。

因此,雖然公司表面上說“沒有禁止戀愛的規定”,但對DH社而言,實際上的“禁止戀愛”才是上上策。

アイドル文化のアキレス腱

偶像文化的致命弱點

そもそもアイドルとは、ファンに疑似戀愛的な熱情をもたらす文化裝置である。噛み砕いて言えば、戀人かもしれないと想像させるファンタジーだ。70年代から一般化したこの文化において、アイドルは概ねこのルールを保持し続け、ファンの間でも暗黙の瞭解として共有され続けてきた。

說到底,偶像系統就是迴應粉絲模擬戀愛熱情的一種文化體系。換句話說,她們就是能夠讓粉絲幻想自己是粉絲的戀人。偶像文化在70年代普及,之後基本上都默認這一規定,也成了粉絲之間心照不宣的規定。

よって、その瞭解が裡切られれば傷つくファンもいる。今回も岡田のファンと思しき男性が、大量のグッズを粉々にした寫真をツイッターに投稿して話題となった。

因此,就一定會有粉絲因為這一規定而覺得遭到了背叛。本次就有岡田的男性粉絲將粉碎大量周邊的照片上傳到推特,成為了話題。


こうしたことを生じさせるのは、従來の女性アイドル文化が100年以上前に成立した極めて保守的な思想に端を発するからだ。19世紀末、當時の明治政府は「良妻賢母」を掲げ、少女に純潔規範を課し、その延長線上に処女信仰が生じる。將來「良妻賢母」になるためには、複數の男性と交際をしたり、他の男性との子の出産を禁じたりするための規範意識を植え付けることが必要だったからだ。

之所以為發生這種事情,本質上來講還是由於一直以來的女性偶像文化是源於100多年前成立的極其保守的思想。19世紀末,當時的明治政府倡導“賢妻良母”,要求少女要純潔講規矩,也因此衍生出了處女信仰。為了在以後是一個“賢妻良母”,女性就必須要被灌輸不可以與很多男性交往、不可以隨便和其他男性生孩子等意識。

この近代家父長制下の社會規範として一般化したのが「少女」概念だ。「少女」とは、性的な身體を有しているにもかかわらず、その使用が禁止されている存在だ(大塚英志『少女民俗學』1989年)。子供と大人の中間のモラトリアムな存在なのである。

近代父權制度下社會規範當中被普及的就是“少女”的概念。所謂的“少女”,就是有著性吸引力和能力的身體,但卻禁止其使用身體的存在(大冢英志《少女民俗學》1989年)。是處在孩子和成人之間的曖昧狀態。

アイドルとは、この「少女」概念の延長線上に生じた文化だ。「戀愛禁止」ルールも純潔規範のひとつだと言える。そこでは、その「少女」性が商品価値となっている。

而偶像就是在這一“少女”的概念下延長衍生出來的文化。所謂“禁止戀愛”的規定其實就是要求純潔。這也就是這個“少女”方面的商品價值。

AKB48にかぎらず日本の多くのアイドルにとって最大のアキレス腱は、進展の見られないこの古いジェンダー観にある。1990年代にはギャル文化などによってほとんど化石化していたこのコンセプトは、AKB48を中心に2000年代後半頃から復活した。

不僅是AKB48,很多日本偶像體系的致命弱點,就在於其毫無改觀和發展的古舊性別觀念。二十世紀九十年代,因辣妹文化盛行而幾乎成為歷史的這種“少女文化”在21世紀後半卻因AKB48等組合的出現重新復活。


変革を訴えた向井地

追求變革的向井地

AKB48の場合、選抜総選挙が盛り上がっていた全盛期は、メンバー間やグループ間の競爭が人気の多くを佔めていた。そこにゲーム的な面白さがあったからこそ、一般にも人気が拡大した。

以AKB48為例,在總選舉如火如荼的全盛時期,成員間和組合間的競爭佔據了大多數人氣。正因為這其中有遊戲般的趣味性,才有如此人氣。

だが総選挙が衰退した現在、メンバー個々のパーソナリティやコミュニケーションの側面が相対的に大きくなった。もともと握手會を売りにしていたAKB48は、キャバクラのシステムを芸能化したものだ。そもそも疑似戀愛の要素を強くはらんでいた。「戀愛禁止」ルールが運用され続けてきたのも、そこに置かれる比重が小さくないからだ。

然而,在總選舉逐漸衰敗的現在,成員個人的人格魅力和交流能力相對而言更受關注。原本靠握手會來銷售唱片的AKB48其實就是將夜總會的那套系統娛樂化了。而且更加強化了模擬戀愛的要素。之所以運營會將“禁止戀愛”的規定持續至今,也是因為這一比重在組合中佔比很高。

おそらく総監督の向井地が抱いているのは、こうした狀況への違和感だ。そして、古いジェンダー観に基づくAKB48の変革を主張した。が、運営側は「そもそも戀愛禁止のルールはない」と実態と異なる態度を示し、向井地はトーンダウン。DH社は、向井地の主張を否定せずに拒否したと捉えられる。

恐怕總監督向井地就是對這一現狀抱有違和感吧。所以她才主張改變基於古舊性別觀念下的AKB48。然而,運營方卻以“沒有禁止戀愛的規定”這種與現實完全不符的態度讓向井地知難而退。可以說DH社在沒有否定向井地主張的基礎上拒絕了她的要求。

戀愛オープンのK-POP

公開戀愛的K-POP

ここ1年ほどのAKB48は、K-POPで活躍した本田仁美(元IZ*ONE)を中心に変化の兆しが見えていた。ダンスをちゃんと練習し、楽曲も工夫するなど、要は「音楽をちゃんとやるアイドルグループ」への志向が見られ始めた。

近一年來,AKB48以活躍於K-POP圈的本田仁美(原IZ*ONE成員)為中心出現了變化的徵兆。越來越多的人有了“組建好好做音樂的偶像組合”的志向,也就是將重心放在舞蹈和歌曲的練習上。


AKB48がこうした正攻法を見せてきたのは、2018年頃から人気凋落が止まらないからだ。その要因は、ビルボードチャートの浸透で“AKB商法”が機能不全となり、指原莉乃など主要メンバーの卒業・離脫、そしてNGT48の不祥事が生じ、新型コロナによって“AKB商法”が破綻──以上の4つにまとめられる。

AKB48之所以會有如此大刀闊斧的改革,就是因為她們自2018年起人氣不斷衰退。其原因有四個:一是在billboard榜單下,“AKB商業模式”功能不全;二是指原莉乃等核心成員的畢業離開;三是NGT48的醜聞;四是新冠疫情下“AKB48商業模式”產生破綻。

向井地が主張した「戀愛禁止」ルールの見直しも、現在のAKB48の方向性と合致している。音楽のパフォーマンスが充実していれば、メンバーに戀人がいても関係ないからだ。

而向井地主張的修正“禁止戀愛”規定也與目前AKB48的發展方向一致。如果組合的音樂性高,那麼即使成員有戀人也沒什麼問題。

事実、音楽やパフォーマンスで人気を拡大しているK-POPでは、戀愛をオープンにする女性アイドルも目立ってきている。たとえばRed VelvetやTWICEのメンバーがそうだ。それで人気が落ちることもない。なぜなら、ファンの多くは音楽やパフォーマンスを好んでいるからだ(同性のファンが多いのもそのためだ)。

實際上,憑藉音樂和演出獲得人氣的K-POP圈中,有很多公開戀愛的女性偶像十分引人關注。比如說Red Velvet和TWICE的成員。她們也並沒有因為戀愛而失去人氣。究其原因,就是因為很多粉絲是因為她們的音樂和演出才愛上她們的(這也是她們同性粉絲多的原因)。



翻って日本の女性アイドル文化は、大人になりきらない「少女」だからこそパフォーマンスの質がおろそかにされることを良しとしてきた。それは1970年代に始まったオーディション番組『スター誕生!』の際、審査員を務めた作詞家の阿久悠がすでに明示していたことでもある。「つまらない上手より、面白い下手を選びましょう」と。

反觀日本女性偶像文化,正因為他們推崇無法長大的“少女”,所以才會忽視演出的質量。在二十世紀七十年代開始的選秀節目《star誕生!》中,擔任審查員的作詞家阿久悠就已經說過這樣的話:“比起無聊的好看,我會選有趣的笨拙。”

日本にオリジンを持ちながらも変貌を日々遂げているK-POPアイドルに対し、保守的な思想に拘泥する日本──それは男女の格差を計るジェンダーギャップ指數が99位の韓國と116位の日本との差でもあるのだろう。

相較於起源於日本卻在不斷變革的K-POP偶像,日本偶像一直拘泥於保守的思想——這可能也是計算男女差距的全球性別差距指數當中,排名99位的韓國與排名116位的日本之間的差距吧。

向井地の主張はそうしたギャップを感じ取ったうえで発せられてもいるのかもしれない。そんな日本のアイドル文化は、演歌が歩んだ衰退の道をたどっているようにも見える。

向井地的主張可能就是在意識到這一差距之後產生的。如今的日本偶像文化,很可能會和演歌一樣,走向衰退的道路。

サクラの違和感

sakura的違和感

こうしたなか、思い出すのは48グループを離れて韓國に渡ったLE SSERAFIMのサクラ(宮脇咲良)だ。

這是筆者想到的就是離開48組合遠渡韓國的LE SSERAFIM成員sakura(宮脅咲良)。


元HKT48のサクラは、期間限定グループ・IZ*ONEでの2年半の活動を経て、今年LE SSERAFIMのメンバーとして3度目のデビューをした。BTSの所屬するHYBEが力を入れて送り出したこともあり、順調にグローバルヒットを飛ばしたこのグループは、大晦日の『NHK 紅白歌合戦』に出場することも決まった。

原HKT48成員sakura,作為期間限定組合IZ*ONE成員活動了兩年半後,今年重新作為LE SSERAFIM成員第三次出道。在BTS所屬娛樂公司HYBE的幫助下,該組合順利火遍全球,並且將在今年年末出席“NHK紅白歌合戰”。

LE SSERAFIMが押し出しているのは、K-POPでは2015年頃から主流となっているガールクラッシュのスタイルだ。強さや主張する女性像を前面に出し、同性から憧れる存在となるコンセプトだ。

LE SSERAFIM的爆火源自於她們走的是K-POP在2015年成為主流的girl crush風格路線。也就是向觀眾呈現出強大的女性形象,使她們成為被同性憧憬的對象。

たとえばデビュー曲「FEARLESS」は、タイトル通り「恐れ知らず」な女性を描いた歌詞だ。それは、サクラなどメンバーの意向を取り入れられたという。サクラはこの曲について以下のように話している。

比如組合的出道曲《FEARLESS》的歌詞,就像名字一樣,描述了一個“不知恐懼是何物”的女性。這也是匯聚了sakura等組合成員的想法在裡面的。她本人是這樣形容這首歌的:

今回のデビュー曲「FEARLESS」の歌詞を見ると、本當に私たちの話なんです。その歌詞を見ながら、「自分がやりたいことをやってもいいんじゃないか」と思いました。(略)「欲を隠しなさい、そんなあなたの言葉は変」のような歌詞は、私も芸能人として10年以上活動してきて感じていた部分でもありますし。

這首出道曲《FEARLESS》的歌詞真的就是我們的故事。看到這首歌詞後,我就覺得“做自己想做的事情不也挺好的嗎”。(略)其中“你說要讓我收起慾望 那種話很奇怪”這句歌詞中也有我當了十多年藝人後有所感悟的東西。


「欲を隠せ」とは、「主體性を持つことなく、従順であれ」ということを意味している。つまりサクラは、HKT48の活動期間も含む10年以上もその抑圧に違和感を感じていたということになる。「従順であれ」とは、アイドル文化の基盤である「少女」概念にも通じる規範意識だ。要は、「男性社會で従順な『少女』であれ」ということだからだ。

“收起慾望”有“拋棄自主性,乖乖順從”的意思在裡面。也就是說,sakura在此前HKT48等組合的活動期間,這十多年都對這種壓抑感感到違和。“乖乖順從”也就是“少女”這一偶像文化的基礎概念中的規範意識。也就是說,這要求女性偶像“成為男權社會下順從的‘少女’。”

多くの若い女性がJ-POPアイドルよりK-POPを支持するのは、要は中高年を中心とする男性社會やそこに基盤を置く日本のアイドル文化に対する違和感を抱いているからだと考えられる。その日本の保守的な思想を根本的から見直すかどうかが、AKB48にかぎらず日本のアイドル文化の今後を大きく左右するはずだ。

比起J-POP,之所以很多年輕女性會支持K-POP,主要就是因為她們對以中老年為中心的男權社會以及以此為基礎的日本偶像文化抱有違和感。是否能夠從根本上修正日本的這種保守思想,不僅對AKB48影響巨大,甚至可能會改變整個日本偶像文化的未來。

今回の岡田奈々の一件と、それにともなう向井地美音の主張は、日本のアイドル文化が制度疲労を起こしつつあるときに生じたひとつの現象なのである。

這次岡田奈奈的畢業和向井地美音的主張,很可能是日本偶像文化已出現制度疲勞問題的一大表現。

備戰方案免費領!





原文連結:https://inewsdb.com/其他/日本人氣女偶像戀情意外曝光,謝罪道歉並宣佈畢/

inewsdb.com 日日新聞 . 掌握每日新鮮事



inewsdb.com 日日新聞 . 掌握每日新鮮事
[按此隱藏 Google 建議的相符內容]